【簡単テストつき】あなたのサイトは大丈夫?
スマホ未対応サイトの検索順位が下がります

Googleの公式ブログで、スマートフォン向けの表示に対応していないWEBサイトは、4月21日以降に検索結果を下げると発表されました。
こちらでは、あなたのサイトの「スマホ対応度チェック」ができるテストページの紹介と、その対策に向けてのスマホ対応依頼可能な優良制作会社をご紹介します。

「検索結果をもっとモバイル フレンドリーに」

(※Googleウェブマスター向け公式ブログ)
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/02/finding-more-mobile-friendly-search.html

Googleでは、4月21日より、WEBサイトがモバイル フレンドリーかどうかをランキング要素とすることを発表しました。これは言い換えると「スマホ対応していないWEBサイトは検索表示順位を下げますよ」という発表が、ついにGoogleから公式発表された、ということになります(注:PCからの検索結果には影響が無く、スマホからの検索結果に影響)。

スマホ対応をしていない会社は、未対応だとお客様に発見されにくくなります。サイト集客を考えている中小企業の方々にとっては、インパクトの大きなニュースだと思います。特にローカルビジネスを行っている企業の方々にとっては、スマホからの検索は生命線と思われるので、対策が必要になります。

1分で分かるスマホ対応必要チェック『モバイルフレンドリーテスト』

スマホ対応といっても、具体的にどこを修正すれば良いのか?
自社のサイトは今回のルール変更で順位が下がる可能性があるのか?
実は、誰でも簡単に確認できます。
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

・ステップ1
上記サイトにアクセス&WEBサイトのURLを記入

・ステップ2
分析ボタンをクリック

・ステップ3
Google公式のチェック結果が確認できます。

□問題なく検索結果にも影響がでない場合

写真

このような「問題ありません。モバイルフレンドリーです」といった画面になります。

□問題があり、検索結果に影響がでる可能性がある場合

写真

このように「モバイルフレンドリーではありません」と言われ、対応が必要な問題点が表示されます。

[問題例]
 テキストが小さすぎて読めません
 リンク同士が近すぎます
 モバイル用 viewport が設定されていません

「問題がある」と分析されたらどうするの?

このテストはGoogleの公式テストです。言い換えると、指摘された問題点を修正するだけで今回のルール変更に対応する事ができますので安心してください。


(1)自社に技術者がいる場合
分析結果を技術者と確認して、スマホ対応のページに修正する。
※レスポンシブデザインもしくは、スマホ対応ページにリダイレクトでも問題無い様子です。

(2)自社に技術者がいない場合
→スマホ対応したいWEBサイトのURLと検索結果を「@nifty WEB販促の窓口」事務局にお知らせください。
対応可能な制作会社をご紹介してくれるかと思います。

まとめ

●スマホ対応していないWEBサイトは4月21日以降にスマホ検索順位が落ちる可能性がある

●対策が必要か? は下記のページにURLを貼って分析するだけで分かる
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

●(技術者がいない場合)問題がある場合は分析結果を「@nifty WEB販促の窓口」に相談してみる

簡単な1分チェックで分かるので、担当の方以外も自社や競合のホームページを分析してみても面白いかもしれません。

おわり