CLOSE

制作会社を乗り換えた場合、自社サイトのURLは引き継げる?

自社サイトのリニューアルにあたり、現在委託しているweb制作会社から、他社に乗り換えようとしたところ、今のホームページのURLは使えない(新しいURLで作らないといけない=SEOやり直し)と言われました。サイトに掲載している自社製品のカタログ情報も作り直しだそうです。あまり納得いかないのですが、これはWEB制作では良くあることなのでしょうか?

クリエイトデザイン株式会社 松井氏
A 他社に乗り換えさせないようにするために、そのような方法をとっている制作会社を聞いたことはあります。
ただ、よくある話しではありません。
ドメインの移管をすることで、リニューアル後もURLはそのままで大丈夫です。
リニューアルしたホームページを作った業者に、その旨を伝えれば、制作会社同士のやりとりで対応してくれると思います。
四国新聞メディア株式会社 英氏
A リニューアル案件を受けたときに、よく問題になり憤りを感じています。ここは、契約時の契約書にどのように書かれているかによって異なります。契約書にURL(ドメイン)や成果物の権利は制作会社にあると書かれているとどうしようもないですが、書かれていない場合は、御社にあると考えています。特にURL(ドメイン)はそうですね。

URL(ドメイン)に関しては、登録を制作会社に代行してもらうケースはありますが、所有者は御社です。ドメイン登録時に、御社名ではなく、勝手に制作会社の名前で行う業者がいますが、感心しません。

ただ、乗り換え時には、多発している事案です。粘り強く交渉してください。サイトを作るためのデータ(psd,ai等)は制作会社のものですが、サーバー上に展開しているデータは、御社のものだと思ってください。

結論、そのドメインは基本的に、御社の持ち物であるケースが圧倒的に多いですね。
株式会社日本デザイン 大坪氏
A 迷惑な話ですが、よくある事だと思います。WEB制作の業界にはルールやクライアント側に立った常識などはありませんので、どの制作会社も「お客さんが抜けにくい契約」をつくっている事案がかなりの数あります。

弊社はそのような契約はしないのですが、そのようなトラブルに見舞われた場合は、ご自身で契約書を見直し、それをもとに交渉するか、弊社のような第三者のプロに相談することをお勧めします。

同様のトラブルを重ねては意味が無いので、次に制作する制作会社とは事前確認をよくよく行う事を徹底してください。