CLOSE

Web担当者の仕事内容と役割について考えよう

会社からWeb担当者に任命された場合、実際に何をしていけばよいのか、不安に思う人もいるのではないでしょうか。そもそもWeb担当者の仕事は何なのか、自分にできるのか、業務について理解できているのか、さまざまな疑問がわいてくるでしょう。
ここではWeb担当者の仕事内容や役割には、どのようなものがあるのか考えていきます。

写真

Web担当者とは

Web担当者とは、業種や会社によって仕事内容や役割がさまざまで、その定義もあいまいなものがあるといえます。

ネットショップの場合は、取り扱っている商品の売り上げをよくするという明確な目的がありますが、会社のホームページの管理をするWeb担当者の場合は、実際にどのようなことをすればよいのか、わかりにくいこともあります。

また、会社によっては、Web担当者を専任で置いていることもありますが、他の業務と兼ねて任命する、兼任のWeb担当者の場合もあります。

Webの位置づけが高い会社の場合は、専任でWebの業務を行うWeb担当者がいることが多いです。その場合は、Webマーケティングについてある程度の知識を持った経験者が担当したり、Webマーケティングについて学びながら業務を行っていったりします。

兼任の場合は、パソコンを扱っているからという理由だけで、総務などの事務職経験者がWeb担当になっていたり、広報や企画担当がWeb担当の業務を行っていたりすることもあるようです。さらには、ホームページのデザインを担当する意味で、デザイナーがWeb担当になっていることもあります。

このように、会社によってさまざまな形があるので、Web担当者といっても、その仕事内容や役割が違ってきます。しかし、最終的に目的とするところは、ひとつだともいえるでしょう。それは、結果を出すことです。Webにおける集客を行い、それぞれ会社の売り上げを伸ばしていくことです。

Web担当者の業務範囲

Web担当者の業務範囲は、会社の状況や会社におけるWebサイトの位置づけによってさまざまですが、主に、以下のようなものが考えられます。

Webサイトの運営

会社のWebサイトを運営することです。Webサイトの閲覧者は、常に最新の情報を求めています。サイト内の商品スペックや値段などが変更になったらすぐに修正し、支店や店舗などが増えたり減ったり、住所が変わったりするのにも対応しなければなりません。

Webサイトではリアルタイムで最新の情報を発信するようにしましょう。そのために、Web担当者は常に社内の情報収集に努める必要があります。

また、プログラムが正常に動いているかどうか、定期的にチェックすることも大切です。問い合わせフォームやショッピングカートなどが正しく動いていないと、せっかく閲覧しにきたお客さまを逃してしまうことになります。

Webコンテンツの作成・更新

ユーザーは、Webコンテンツを求めて、Webサイトを閲覧しにいきます。ニュースサイトなら最新の情報を、娯楽サイトならリラックスして楽しめる記事、ネットショップなら購入したい商品などです。

つまり、Webサイトでは、豊富なWebコンテンツの更新が常に行われていないと集客できません。Web担当者の業務では、Webコンテンツの作成や更新も重要になってきます。

Webマーケティング業務(SEO対策、広告運用なども含まれる)

Web担当者の業務には、Webマーケティングに関する知識も必要となってきます。それには、検索エンジンにWebサイトの内容をアピールし、自社のサイトが上位に表示されるようにするためのSEO対策や、広告の運用なども含まれるものです。

また、アクセス解析の知識も必要となってきます。サイト閲覧者の傾向を分析し、今後の運営の参考にしていきます。

Web担当者の役割

Web担当者の業務範囲は会社によってさまざまですが、「Webサイトを最適化させて集客する」という目的はどの会社でも変わらないでしょう。

しかし、Web担当者に命じられた時点では、Webの知識があまりないという方もいるかもしれません。Webサイトの制作や、Webコンテンツの作成・更新などを業者に外注している会社などでは、そのようなこともあるでしょう。そうなると、業者とのやり取りはWeb担当者の役割になります。Web関係の業者だと、知らないWeb用語が出てくることも多く、知識がない段階では理解できないこともあります。そんなときは、どんどん質問をして、学んでいくことも大切です。Web担当者になったばかりのときは知識があまりなくても、さまざまな業務を通じて、Webに関する知識が豊富になっていくでしょう。

Web担当の業務に慣れたころに、他の部署に異動になることもあるかもしれませんが、Webの知識はどのような部署に異動になっても、必ず役に立つものです。最終的には、自社のWebサイトを閲覧するユーザーがお客さまとなるために、少しでも多く閲覧数を増やせるよう最適化していくことが、会社の売り上げを伸ばしていくことになります。

さらに、WebサイトやWebマーケティングの世界は、日々変化していきます。その変化に対応できるような柔軟な姿勢も大切です。Webサイトの他にも、ユーザーとの接点になるSNSの企業アカウントやデジタル広告、スマートフォンのアプリなども、Webマーケティングには重要なツールとなるので、さまざまに利用して役に立てていきましょう。

Web担当者の業務内容や役割は、会社によって違いがあるため定義もあいまいです。ですが、その目的とするところは同じで、Webで集客して会社の売り上げに貢献することだといえます。Webの知識やスキルを学んでいくことで、それが実現できるようになっていくでしょう。