CLOSE

Webマーケティングの手法を購買行動から考えよう

近年ではSNSの普及などにより、Web上における消費者の購買行動のパターンは、より多様化してきました。ここでは、そのような多様化した消費者の購買行動の各々から、Webマーケティングの手法について考えていきます。

写真

Webマーケティングにはどういう手法があるか

Webマーケティングの手法のパターンとしては「集客」「接客」「再来訪」の3つがあげられます。

1.集客

実店舗での商売と同様に、商品を販売するためには大前提として集客をしなければなりません。Webマーケティングにおいても、この大前提は変わりなく、その概念は基本的な考え方のひとつとして捉える必要があります。

「集客」に該当するWebマーケティングの具体的な手法としては、以下のようなものがあげられます。

SEO(検索エンジン最適化)

各検索エンジンにおいて、検索結果の上位に表示されることは、大きな集客へとつながります。そのためSEO対策はWebマーケティングの基本中の基本といえるでしょう。

リスティング広告

検索エンジンにおける検索結果の上に表示されるのがリスティング広告です。リスティング広告は検索ワードに応じたものが表示されるため、集客にもつながりやすいという特徴があります。

アドネットワーク

アドネットワークとは、Googleが提供する広告機能です。ブロガーやアフィリエイターが設置した広告枠に広告を載せることができます。

アフィリエイト広告

ブロガーやアフィリエイターに商品を紹介してもらい、それによって商品が売れたときに広告の掲載費を支払うシステムです。

SNS運用(Facebook , Twitter , Instagram)

自社のSNSを運用することも集客につなげられるため、立派なWebマーケティング手法のひとつといえます。運用するだけであれば無料であるという点から、費用対効果が大きい手法といえます。
また、各SNSには広告を掲載することもできます。掲載費がかかるものの、投稿内容などに応じた広告が表示されるため、高い集客効果が期待できるものです。

動画マーケティング(Youtube / Instagram)

各種動画サイトへも広告の掲載ができます。ユーザーが多いだけでなく、動画の広告は情報量も多く、より高い集客効果が期待されます。

純広告、記事広告などのネイティブ広告

多くの情報を扱う媒体に、そのサイトの記事のような広告の掲載も可能です。このような広告をネイティブ広告といい、企業と相性のよいメディアやコンテンツを選ぶことで、より高い集客効果が期待できるようになります。

プレスリリース配信

ある程度知名度の高い企業や商品であれば、報道関係者向けにプレスリリースを配信することでも集客ができます。

2.接客

実店舗での商売では来店した顧客に対して接客を行いますが、その重要性はWebマーケティングにおいても同様です。この場合、Web上における接客とは、購買をはじめとしたアクションを顧客に起こしてもらうための施策全般と捉える必要があります。

「接客」に該当するWebマーケティングの手法は以下の通りです。

LPO

LPOとは「ランディングページの最適化」を意味します。ランディングページとは、各種広告などからサイトにアクセスしたユーザーが最初に目にするページで、このページのデザインや掲載する文章などを工夫し、サイトから離脱することを防ぐための施策をLPOと呼びます。

EFO

EFOとは「エントリーフォームの最適化」を意味します。この施策では、ユーザーがお問い合わせフォームなどに必要事項を入力している最中に、サイトからの離脱を防ぐことが目的です。

Web接客ツール

この手法は、まだ一般的ではありませんが、サイトへの訪問者に対し、チャットを使用して話しかける、その場でクーポンを進呈するといったことが可能となります。イメージとしては、実店舗での接客に近いといえるでしょう。

Webセミナー

Webセミナーでは、商品・サービスなどに興味を持っているユーザーに対して、オンラインでセミナーを実施し、商品・サービスをより深く知ってもらうことを目的とします。

メールマーケティング

メールマーケティングはメールマガジンに似ているものの、メールアドレスを把握している不特定多数に情報を発信するのではなく、年齢や性別、サイトへの訪問回数などのデータを基に送信先を選別するという点で異なります。そのため、メールマガジンとは異なり、より高いマーケティング効果が期待できます。

3.再来訪

実店舗での商売においては、いかにしてリピーターを作るかということも成果を上げるために重要となります。この点もまたWebマーケティングにおいて同様で、サイトへの再訪やユーザーとのより深い関係の構築などを目的とした施策がこれに該当するものです。
「再来訪」に限定したWebマーケティングの手法は「集客」や「接客」に比べると圧倒的に少なく、具体的なものとしては「リターゲティング広告」があげられます。
リターゲティング広告は、一度訪問したサイトで取り扱っている商品の広告が、他のサイトを訪問した際にもバナーに表示されるという類いの広告です。これにより、潜在的には商品に興味を持っているものの、すでにサイトを離脱したユーザーに対して、再度その商品の宣伝をすることができ、サイトへの再訪問へとつなげることが可能となります。

購買行動の変化

インターネットとSNSの普及によって、消費者の購買行動は「DECAX」で考えられるようになりました。

このDECAXとは、「Discovery(発見)」、「Engage(関係)」、「Check(確認)」、「Action(購買)」、「Experience(体験と共有)」という、インターネットやSNSを通じて消費者が商品を購入し、使用するまでの一連の流れを示しています。前項までの「集客」、「接客」、「再来訪」の各行動パターンにも似ているため、これらの消費者の行動とマーケティング手法を結びつけることは、Webマーケティング全般において非常に重要となるものです。

ここではWebマーケティングの各手法を消費者の購買行動のパターンと関係づけて解説してきました。TwitterやInstagramなどの各種SNSの急速な普及からもわかる通り、インターネット界隈の変化は非常にスピードが早く、Webマーケティングの手法もまた、それに応じて変化を繰り返すことが予想されます。そのため、Webマーケティングを行う側には、それを取り巻く環境の変化を早い段階で察知する能力も要求されます。