CLOSE

ホームページ作成を業者に依頼する際の注意点

ホームページの作成は独自に行うことも不可能ではありませんが、効率性を重視すれば外部の業者に依頼してしまったほうがよいことはいうまでもありません。ここではホームページ作成を業者に依頼する際の注意点についてご紹介します。

写真

ホームページ制作会社の種類

ホームページ作成会社を選定する際には、各々の会社の特徴をよく比較し、吟味する必要があります。ここでは、最初にホームページ作成会社の技術面における特徴から代表的なものをご紹介します。

デザイン

デザイン性の高さは、ホームページへの訪問者の早期離脱を防ぐ上で重要です。作成会社ごとのデザイン能力を判断するためには、その作成会社の成果物を確認するのがおすすめです。

システム開発

ホームページ作成会社の中には、Webシステムの開発を同時に行っている会社もあります。ホームページに高度なシステムを埋め込みたい場合などには、この点を重視し作成会社を選定するのが得策です。

コンサルタントが在籍している

ホームページの作成にあたってはさまざまな課題が噴出し、独力では解決できない場合もあるかもしれません。ホームページ作成会社の中にはWebコンサルタントに在籍してもらうことで、顧客の課題解決に努めている会社もあるため、充実したサポートが期待できます。

SEO対策

より多くの集客を図るためにはSEO対策も徹底して行う必要があります。そのため、ホームページを通して商品・サービスの販売を行う場合などは、SEO対策に精通した作成会社を選定するのがおすすめです。

ホームページ作成会社の中には、これら技術面の特徴だけでなく、料金面でも独自の特徴を持つ会社が多数存在します。そのため、作成会社選定の際には、まず自社としての理想を明確にし、それに見合った特徴を持つ作成会社を探す必要があるでしょう。

ホームページのパターン

費用が限られている場合は、ホームページのデザインなどに関係するパターンの選定において、妥協をしなければならないかもしれません。続いてはホームページのパターンの中でも代表的なものを3つ挙げ、それぞれの費用や工期などをご紹介します。

テンプレート型

テンプレート型のホームページでは、あらかじめ用意されたテンプレートを組み合わせてホームページを作成するので、工期は短く、費用も20万円以下ですませられるというメリットがあります。しかしながら、このパターンの場合、ホームページ全体がどこか安っぽくなってしまったり、他のホームページとデザインが似通ってしまったりすることもあるため、デザイン性の高さを求める場合はおすすめできません。

オリジナル型

オリジナル型の場合は、テンプレートなどを使用せず、制作会社側が一からホームページをデザインし、作成します。このパターンでは費用が100万円以上かかるだけでなく、工期もテンプレート型と比較して長くなります。しかし、デザインにおける希望なども伝えやすく、高い効果が期待できるものです。

カスタマイズ型

費用をとにかく安く抑えたいのであればカスタマイズ型がおすすめです。このパターンでは、業者側が提供するのはホームページの「土台」の部分だけで、あとは依頼者が好きなようにカスタマイズしていくことになります。しかしながら、このパターンを利用する場合はある程度の専門知識が必要となるので注意が必要です。

以上のようにホームページの作成における費用や工期は、そのパターンによって大きく異なるため、十分に確認した上で作成を依頼しなければならないといえるでしょう。

ホームページ作成業者に依頼する際の注意点

ホームページの作成を業者に依頼する場合には、いくつかの点にも注意しなければなりません。

依頼する前に自社で把握・調査しておくべきこと

ホームページの作成を制作会社に依頼し、契約をする前には、自社の要望を明確にしておく必要があります。例えば、「予算」「ホームページのパターン」「個人と法人どちらにするか」「オーダーメイドか既製品か」などの点は、基本的なこととして依頼前から決定しておかなければなりません。また、そのためには自社で扱う商品のジャンルやターゲット層も明確にしておく必要があります。

業者の選定基準

業者の選定基準を見極める際には、自社の要望に合致していることを重視して選別する必要があります。また、サイト運営だけでなく、アプリの作成やSNSとの連動などの付加機能もホームページにつけたい場合などは、それらの要望に特化した業者を中心に探してみるのがおすすめです。

課題の抽出・目標設定

ホームページの作成においては、業者と契約を結び、作成を始めてもらった後もさまざまな課題が浮かび上がり、業者側との相談を重ねなければならないことがあります。そのため、業者を選ぶ際には、相談がしやすいと感じられる雰囲気があるかどうかも重視する必要があるといえるでしょう。また、相談を重ねて方向性を見出すためには、「どのようなホームページを作成したいのか」という明確な目標も設定しておかなければなりません。

ここではホームページ作成を業者に依頼する際に留意しておくべき制作会社の種類やホームページのパターン、注意点についてご紹介してきました。これらを参考に、ぜひ理想に合った制作会社を探してみてください。
また、業者選びで迷ったら、「WEB販促の窓口」のような企業と制作会社とのマッチングサービスを利用するのもおすすめです。