CLOSE

アプリ開発代行業者に依頼するメリットとスケジュールの流れ

効率的にアプリ開発を行うためには、代行業者に開発を依頼してしまうのがおすすめです。ここではアプリ開発代行業者を利用するメリットと、スケジュールの流れについてご紹介します。

写真

アプリの開発は自分(自社)でできるのか

アプリを開発する必要性が生じたときに、自分(自社)で開発ができないか考えてみたこともあるのではないでしょうか。実際、個人向けのアプリ開発ツールは数多く存在し、中にはプログラミングの知識がなくてもアプリが開発できるとされているものも存在します。

しかしながら、これらのツールを使いこなすには基本的な知識が必要であり、たったひとつのアプリを開発するためだけにそれらの知識を習得するのは効率が悪いといわざるを得ません。
また、仮に基本的な知識を有しており、アプリを開発できたとしても運用テストやアプリの申請は大きな手間がかかるため、開発から運用までに膨大な時間がかかってしまいます。

このように自分(自社)でアプリを開発することは決して不可能ではないものの、必要な時間や手間を考えると、それに見合うだけの効果を得るのは難しいものです。

アプリ開発を代行してもらうメリット

続いては、アプリ開発を作成代行業者に依頼するメリットについてご紹介します。

ワンストップで開発

単にアプリ開発といっても、それに伴う作業は企画の立案から配信後の保守業務に至るまで多岐にわたります。アプリ開発を代行業者に依頼した場合、開発に伴うすべての作業をひとつの業者に一任することも可能なため、長期的に幅広いサポートが受けられます。

高品質

独自に開発したアプリはデザイン性や機能性において欠点が生じるケースも少なくありません。アプリ開発を代行業者に依頼した場合、これらの性能は高品質であることが期待できるため、より効率的な利用者の獲得などにもつなげられます。

セキュリティ対策も安心

独力で開発したアプリに高品質なセキュリティ機能を付加することは簡単ではありません。実績が十分にあるだけでなく、配信後の保守業務も行ってくれる代行業者であれば、充実したセキュリティ対策も期待できます。

各種プラットフォームに対応

OSの中でもAndroidとiOSはいずれも国内シェア率が非常に高く、また、iPhoneやiPadなどのデバイスの多様化も著しいことから、アプリの開発にあたっては各種プラットフォームに対応できるよう考慮しなければなりません。実績が十分な代行業者であれば、これらの対応プラットフォームに関する問題も解消できます。

オプション機能の充実

独力でアプリを開発した場合、オプション機能の付加までは手が回らない場合も考えられます。十分な時間と人員をかけて開発を行う代行業者では、このようなオプション機能も要望通りに付加してもらうことが可能です。

解析ツールがセットの場合も

アプリ内におけるユーザーの行動を把握すれば、アプリそのものの改善につなげることが可能です。代行業者の中には、このようなユーザーの行動を把握するための「解析ツール」をセットとして提供しているところもあります。

保守・サポート体制の充実

アプリ配信後の保守業務やトラブルが発生した場合の対応は、開発にかかわった人でなければできない場合もあります。そのため、保守・サポート体制が充実している代行業者を選べば、アプリ開発後も充実したサポートが受けられるのです。

アプリ開発を代行してもらう流れ

アプリの開発を代行業者に依頼した際のおおまかな流れは以下のとおりです。

  1. 業者選定
    依頼する業者が決まったら、業者が指定する方法にて開発を依頼します。
  2. 要件定義
    担当者との打ち合わせを通して、アプリの完成形を明確にします。機能面やデザイン面などに関する要望はこの段階で伝えておくべきです。
  3. 見積もり
    アプリ全体の構成が決定したら、見積もりを行ってもらいます。また、この段階で完成までの日数なども判明します。
  4. 開発
    見積もり内容に同意すると代行業者側での開発が開始されます。開発の経過報告が担当者からくることもあるため、場合によっては開発途中でのさらなる打ち合わせが必要です。
  5. 納品・検証
    完成品が納品されたら実際に使用し、依頼通りのものが出来上がっているか確認しましょう。問題がなければ配信の申請を行います。業者によってはこの申請も代行して行ってくれる場合があります。
  6. 運用・保守
    保守業務やサポート業務を行っている代行業者に依頼した場合は、納品後も連絡を取り、アプリそのものの改善に関する打ち合わせなどを行う場合もあるでしょう。

基本的な流れは以上のようになります。申し込みから納品までの期間は2週間から2か月程度であることが一般的ですが、オプション機能の付加や対応するプラットフォームの多さなどによっては、さらに多くの制作時間を要するケースもみられます。
ここではアプリの開発を代行業者に依頼することによって得られるメリットと、開発を依頼した場合のおおまかな流れなどについて解説してきました。このような代行業者にアプリ開発の依頼を検討している方々は、ぜひ参考にしてみてください。
また、どの業者に依頼したらよいか迷った場合には、企業と制作会社とのマッチングサービスを利用して業者を選定するのもよいでしょう。