CLOSE

ランディングページを外注するメリット ~売れるLPの重要性

WEBマーケティングで成果を上げるには「ランディングページ」を最適にすることが重要になります。ランディングページの良し悪しはコンバージョン率に大きく影響するのです。

今回の記事ではランディングページの重要性や、ランディングページ外注における注意点について説明していきます。

写真

ランディングページ(LP)とは

ランディングページ(LP)とは、検索・ネット広告・リンクなどをクリックして最初に表示されたWEBページのことをいいます。ランディングという言葉は「着地」という意味があり、広義の意味ではユーザーがクリックをして最初に訪問した(着地した)ページがランディングページとなるのです。

例えば一人のユーザーが検索を行い、ある企業の「会社概要」のページに最初にアクセスをした場合その会社概要のページがランディングページになります。
しかし、WEBマーケティングにおけるランディングページはサービスや商品を売るための「入口ページ」「集客ページ」という意味で用いられることがほとんどです。つまり「商品やサービスを売るための最初に表示される縦長のページ」を指します。

ユーザーが最初にアクセスして目に飛び込んでくるのがランディングページですから、その良し悪しで商品・サービスの売り上げを大きく左右するのは間違いありません。つまりWEBマーケティングで成功を収めるためには適切で効果的なランディングページを作成する必要があります。

ランディングページの重要性

ランディングページの存在は売り上げとサービスの成功を大きく左右するものであり、WEBマーケティングにおいて重要な要素のひとつといえます。

売り上げに直接つながる

ランディングページには商品・サービスの情報だけでなく購入ボタン、応募フォーム、お問い合わせなどが一枚のWEBページに集約されているので、それだけ売り上げに直結するのです。ページ遷移がないので離脱率が少なく、ユーザーの意識をひとつの情報に集中させることができ、顧客獲得数をさらにアップできます。

見込み客や人材を獲得できる

ランディングページでは商品やサービスそのものではなく、見学会・展覧会・セミナー・イベントへの参加、さらに無料会員や無料体験版への申し込みなどさまざまな情報を掲載でき、それによって多くの見込み客を獲得することができるでしょう。求人募集を掲載する場合は新たな人材発掘にも役立ちます。

顧客獲得率が大幅上昇

ランディングページに対するユーザーの印象がそのままユーザーの獲得率に反映されます。ユーザーのニーズに応える情報の提供、ユーザーの不安を払拭する情報の提供ができればそれだけ顧客の獲得数は増えます。ランディングページを改善したことによって顧客獲得数が2~6倍になったという例もあり、コンバージョン率アップのために効果的なランディングページの制作は極めて重要です。

ランディングページを外注するメリット

顧客数を上昇させ、コンバージョン率を高めるランディングページを一から制作するのはなかなか難しいものです。自社でコストをかけて分析し、いざ公開しても思ったほどの成果が上がらないこともあります。そういうときはランディングページの制作を外注するという選択肢も視野に入れてみましょう。

メリット1・徹底したリサーチと顧客分析

ランディングページ外注のメリットのひとつに「顧客分析をすべて任せられる」という点があります。顧客を得るためにはターゲットを絞り、顧客のニーズを把握し、必要な情報を集めることが必須です。しかし、自社で行うとなると時間と労力がかかり、正確性という点でも不十分になってしまう可能性が出てきます。外注により、詳しい顧客分析や、ターゲット層が明確になり、より効果的なランディングページを作れるでしょう。

メリット2・競合分析をしてくれる

どんなサービスであっても必ず競合相手というものがあります。競合相手より劣ったランディングページであれば顧客の獲得は難しくなります。競合相手の調査、分析をしてもらうことで、自社サイトの優位性を確保し、内容だけでなくビジュアル面でも競合相手より優れたランディングページの制作が可能です。

メリット3・プロのコピーライティングとデザイン

どれだけアクセスが多くてもページ内のライティング(テキスト)が不出来だとコンバージョン率は大きく下がります。ランディングページにアクセスしたユーザーの心をわしづかみにするコピーライティング、また視覚的に印象の強いWEBデザインによってユーザーの好感度とコンバージョン率を高めます。

ランディングページを外注する際の注意点

ランディングページを外注する際の注意点について見ていきましょう。

代行会社にも良し悪しがある

ランディングページの製作代行会社はWEBページを作って納品するのが仕事です。当然、優秀な代行会社もあればそうでない会社もあります。デザインは優れていてもマーケティングの面で力不足な場合も少なくありません。外注したからといって必ず成功するとは限らないので、デザインだけでなくマーケティング力にも優れた代行会社、自社にとって相性のよい代行会社を探す必要があります。

信頼関係が重要

ランディングページ制作を依頼する場合、すべてをお任せするにはやはりある程度の信頼関係が必要です。信頼関係が構築されないまま制作のすべてを委託した結果、希望とはかけ離れたランディングページになってしまうということもあり得ます。時間をかけて会話ができる、しっかりと意見を言い合える、お互いに誠意をもって仕事に取り組める、そういう会社に依頼すべきです。

フィードバックで評価する

納品されたページによって成果が出たら「制作していただいたページによって売り上げが伸びました!」とフィードバックを行えば相手側もうれしいですし、それ以降も長期的に良好な関係を築くことができるでしょう。たとえ成果が今ひとつであったとしても、どこがまずかったかをさらに話し合い次に活かすことができます。

ランディングページの制作と運用を信頼できる代行会社に任せたいと思っても、数多くの中から最適な業者を探すのはなかなか難しいかもしれません。そういう場合は企業と制作会社とのマッチングサービスを利用する方法もあります。マッチングサービスを利用することで自社の希望に合った最適な制作会社の紹介をしてもらえます。