CLOSE

SEOキーワードの重要性と選定方法

SEO対策における過程のひとつとして、キーワード選定があるものと認識される方も多いのではないでしょうか。ですが、このSEOキーワードは、想像しているよりも重要なものなのです。ここでは、SEOキーワードの重要性と、その選定方法についてご紹介します。

写真

SEOキーワードとは

SEOはSearch Engine Optimizationの略で、「検索エンジン最適化」を意味します。これは、GoogleやYahoo!などのサーチエンジン(検索サイト)において、特定のキーワードで検索されたときに、自分のサイトが表示される順位を上げるためのテクニックといえるものです。

サーチエンジンで検索をかけると、該当のページが検索結果に表示されますが、ユーザーは上位にあるページで自分の知りたい情報が手に入れば、それ以下のサイトに訪問することはありません。そのため、サーチエンジンからのアクセス者数を増やすには、検索結果の表示順位を上げる必要があります。SEOとは、その手法の総称を指しているのです。

SEOキーワードの種類

SEOキーワードの種類には以下のようなものがあります。まずは、それぞれのキーワードについて、くわしく解説していきます。

ビッグワード

ビッグワードとは、サーチエンジン利用者の大多数が、初めに連想する抽象的なキーワードのことです。検索数が多いので絶大な集客力があり、ビッグワードで検索結果上位を獲得することができれば、その効果は圧倒的といえるでしょう。

しかし、ビッグワードで検索結果の1ページ目に表示されるのは、大手企業のサイトなど強力なサイトばかりなので、非常に難易度が高く困難といわざるを得ません。さらに、ビッグワードは抽象的なキーワードなので、コンテンツ作成時にユーザーのあらゆるニーズを網羅できる内容を用意する必要があります。そのため、サイトのコンテンツを充実させなければならず、検索結果からのアクセス数を獲得するまで時間と労力がかかることが特徴です。

ミドルワード

ミドルワードとは、ビッグワードとスモールワードの中間に位置するキーワードのことです。検索数が多く集客が見込めるビッグワードは、上述のとおり競争率が高く上位表示させるのは容易ではありません。そのため、ビッグワードほどの効果はないものの、ライバルの少ないミドルワードのSEO対策を徹底的に行うことが重要です。

また、一つひとつの集客力は弱くても、複数のミドルワードでアクセスを獲得すれば、ビッグワードと同じくらいの効果が期待できます。

スモールワード(ロングテール)

スモールワードとは、個人のニーズが反映された非常に具体的なワードで、ビッグワードと組み合わせて使われる関連ワードであることがほとんどです。

スモールワードを使って集客する施策は、ロングテールSEOと呼ばれています。これは、スモールワードをサイト内に散りばめることでアクセス数を積み重ね、全体的に集客力を高めるという手法です。

トランザクショナルクエリ

トランザクショナルクエリは、購入や情報収集など、ユーザーの行動を目的としたキーワードです。キーワードの例としては、「通販」「予約」「見積もり」「問い合わせ」などが挙げられます。集客に繋がりやすいキーワードなので、競合が多いともいえるものです。

ナビゲーショナルクエリ

ナビゲーショナルクエリは、特定のWebサイトにアクセスするためのキーワードで、これは具体的な会社名や店舗名であることがほとんどなので、検索順位での競合はほぼいないといえます。

ただし、ユーザーの取り逃がしを防ぐためにも、サイト名や商品名を決めるときには、似た名前のものが既に存在していないか調査することが必須となるでしょう。

インフォメーショナルクエリ

インフォメーショナルクエリは、情報収集目的のキーワードを指します。具体的には「カレー 作り方」「ロンドン 時差」「肩こり 解消」「株取引 入門」などです。目的の情報を得るためのキーワードなので、ニーズを満たすようなコンテンツを作成しなければなりません。トランザクショナルクエリに比べると競合性は低いでしょう。

SEOキーワードの重要性

SEOの対策をするうえで、キーワードの重要性を考えないわけにはいきません。日本の検索エンジンシェアは、現状ではGoogleとYahoo!が占めているといわれます。SEOはGoogle向けの施策ですが、Yahoo!のサーチエンジンはGoogleのシステムを借用しているため、Google対策をすればYahooでも効果を発揮するともいえます。

とはいうものの、このSEO対策のキーワードで失敗してしまったがために、効果が出ないケースも多くみられます。ですが、これは裏を返すと、SEOのキーワードの選定が徹底されていれば、絶大な効果を発揮し、サイトのアクセス数が飛躍的に伸びることも示唆しているともいえるのです。

SEOキーワードの選び方

具体的にSEOキーワードを選んでいきます。ここでは、その手順について、順序に沿って説明します。

キーワード候補の選定

関連するのではないかと思われるキーワードを、まずは実際に検索してみることで、検索結果と作成するサイトの内容との相性を確認することが可能です。このとき、プライベートブラウジングやシークレットモードを使うことで、自分の検索履歴に影響されていない検索結果を見ることができます。

また、検索結果の上位に出てくるサイトは、将来自分のライバルになるので、内容に目を通しておくべきだといえるでしょう。

検索エンジンを利用して相性のよいキーワードが見つかったら、キーワードプランナーを活用して候補キーワードを広げます。例えば、Googleが提供するキーワードプランナーは誰でも無料で使えるツールです。

キーワードを絞り込む

キーワードプランナーを使ってSEOキーワードの候補が増やせたら、次は上位表示が難しそうなSEOキーワードを除外します。それにより、実際に自分のサイトで集客に結びつくキーワードに絞り込むことが可能です。

無料のキーワード難易度チェックツールを活用するほか、上述のプライベートブラウジング機能で検索し、上位に表示される競合サイトより優位であるかどうかを調べるという手段があります。

優先順位の決定

キーワードを10個前後に絞れたら、コンテンツ作成の優先順位を決めます。成果の出やすいキーワードから始めることで、SEO対策を素早く・効率よく行え、集客アップに結びつけることができるのです。

立ち上げたばかりのサイトであれば、難易度が低いワードから始めましょう。ヒット数は少なくなりますが、ライバルの少ないキーワードで地道にアクセスを増やすことが大切です。既にSEO評価が高いサイトなら、検索数の多いワードを重点的に対策する方法が効果的です。

コンテンツの作成

優先順位の高いキーワードが選定できたら、そのキーワードに対応するコンテンツを作成します。キーワードには「ユーザーのニーズ」が隠れています。そのため、キーワードに隠されたユーザーの疑問や悩みを解決するためのコンテンツを作成すればよいのです。なお、コンテンツを作成する際には、コンテンツのタイトルや本文に選定したキーワードが自然に入るように作成するのが重要です。

SEO対策は、継続すれば必ず結果が出ます。途中でやめてしまうと、せっかくかけた時間とコストが無駄になってしまうこともあります。SEOキーワード選定は一度して終わりではなく、効果が見られなければ再度見直しをすることも大切です。