CLOSE

Webプロモーションとは ~成功のためのポイント

昨今ではWebプロモーションがインターネットビジネス成功の重要な鍵を握っているといっても過言ではありません。会社や個人に関わらず、Webプロモーションに取り組まれる方にとっては、これらの理解を深めることが急務となっているのではないでしょうか。

ここでは、Webプロモーションで成功するためのポイントについてご紹介していきます。

写真

Webプロモーション成功のためのポイント

まずは、Webプロモーションとはどのようなものなのか、そしてそこからもう一歩踏み込んだ内容についてみていきます。

Webプロモーションとは

Webプロモーションという言葉だけを見ると、一見難しそうな印象を抱いてしまうでしょう。Webプロモーションにたずさわった経験のない人にとっては、未知の領域ともいえるはずです。

ですが、先入観を持たずに、プロモーションという言葉についてみてみると、英語におけるプロモーションとはPromotion(販売促進、広告宣伝)という意味になることから、おおまかなイメージがつかめるはずです。つまり、WebプロモーションとはWebでの販売促進、または宣伝活動を行うことだといえるのです。

近年ではインターネットを使ったビジネスが急速に発展しています。もはやインターネットがないと私たちの生活が成り立たないとさえいえるかもしれません。そしてそのインターネットの普及と共に、Web上でのビジネスを展開してきた企業の多くは、売上を伸ばしています。これから、Webでの販売活動を積極的に展開することで、よりビジネスチャンスを広げることができるといえるのです。

Webプロモーションの目的と役割

Webプロモーションの目的はWeb上で展開している企業のサービスや商品を、より多くの人(ユーザー)に知ってもらうことにあります。そしてユーザーに認知され、購買してもらうことこそが、最終的なゴールなのです。

また、今までは商品やサービスのプロモーションといえば テレビ、新聞、雑誌、ラジオなどが主流でした。しかしインターネットの普及によりWeb上における商品の売買、またはサービスを提供することが、あたり前となりつつあります。現在では、どれだけ多くのユーザーを企業のWebページに集客できるかということが大事になってきているのです。言うなれば、そのためにWebプロモーションがあり、企業のWebビジネスの販売促進を促していくための重要な目的と役割を担っているということです。

Webプロモーションのメリットと重要性

Webプロモーションのメリットとして、施策実施がスピーディーであることがあげられるでしょう。そして時間や場所に制限されることなく、Web上におけるユーザーの反応に対し、仮説に基づいて実施・検証を積み重ね、改善することができます。

Webビジネスのサービス展開は私たちの想像を上回るスピードで変化していきます。例えばこの数年間まではPCがメインで活用され、バナー広告、Eメールを使ったメールマガジンでプロモーションが展開されていました。
しかし、現在ではスマートフォンのユーザーが圧倒的に増えたことでSNSの利用者が大きく伸び、ソーシャルメディアマーケティングがメジャーとなりつつあるのです。そのため、よりソーシャルメディアにフィットしたマーケティングが求められると同時に、Webビジネスを成功させていくためにも重要になるといえるのです。

効果的なプロモーションをするためのポイント

Webプロモーションを成功させるためには、効果的なアプローチが必要であることはいうまでもありません。ここでは、効果的なプロモーションを展開するための、具体的なポイントについて探っていきます。

プロモーションする商品におけるサービスの選定

Webプロモーションとしての施策を実施するには、集客プランニングに応じたサービスの選定が必要となります。企業における顧客対象が、新規ユーザーの取り込みにあるのか、あるいは既存ユーザーの拡大にあるのか、または商品ないしサービスを、より多くのユーザーに知ってもらう宣伝目的なのかということに基づき、適切な商品とサービスを絞り込んでいきます。

そのためには、ユーザーのニーズを網羅したサイトを作成しなければなりません。ある目的をもってWebサイトを閲覧するのにもかかわらず、クリックした先に求めている情報がなければサイトから立ち去ってしまいます。
ここで、ユーザーが興味を持っている商品・サービスに対し、抱いているであろう疑問点の解決を仕込んでおけば、購買意欲まで引き出すことも可能なのです。

ターゲティングの重要性

Webサイトを作成する際は、ターゲティングが非常に大切だといわれます。これを明確にしておかないと、結果的にユーザーから反応がない、無益なページとなってしまうのです。サイトの閲覧者は、サイトを訪問している時点で、すでにある程度の興味・関心を持っているのです。だからこそ、さらにターゲットを絞り込んだアプローチを展開し、閲覧者を顧客へと引き込まなければなりません。

ターゲットを選定する具体的な手段としては、製品やサービスを利用する架空のユーザー、つまりペルソナ設計を行うことがあげられます。ここでは、人物像を細かく設定していきます。どこに住んでいるのか、どんな職業に就いてどのくらいの年収があるのか、さらには家族構成から趣味にいたるまでです。その上で、この人物が求めている自社の商品ないしサービスを細かく突き詰め、Webプロモーションにおける問題点を解決していくことが可能となるのです。

Web以外の媒体

Web以外の媒体だと、オフラインと表現されるものとして、街頭広告、テレビCM、新聞雑誌などがあげられます。Webからの施策では限界を感じてしまう場合は、Web以外の媒体と連携してオフラインからオンラインへの誘導するのです。

コストはかかりますが、施策によっては大量のユーザーを誘導できる可能性があります。もっとも代表的なのは、QRコードを使用した方法です。QRコードはかざすだけで、特定のサイトへアクセスすることができます。つまり、簡単にユーザーをオンライン上へ誘導することができるわけです。

また、さらなる効果をあげるため、「Webサイトにアクセスすると無料で試供品をプレゼント」「抽選で豪華賞品があたる」などといった、ユーザーのメリットを提供する方法もあげられます。

イベントとの連携

企業で開催するイベントでソーシャルメディアとリアルを連携させたプロモーションを行うこともできます。その際、イベント来場者をWebに誘導して、より詳しく自社商品を知ってもらうために、パンフレットにWebサイトへのQRコードを掲載することで新規ユーザーを獲得することもできます。 また、イベントにて企業のFacebookページをPRすることで、より多くの人たちに商品またはサービスの認知を広げていくきっかけにできます。

Webプロモーションを担当する場合、第一にその企業の目標は何なのかを考え、その上で目的に応じた施策を打ち出していくことが大切です。 また、最近ではWebプロモーションを支援してくれるような制作会社を活用していく企業が増えています。どのような会社にお願いすればよいのかわからない場合は、最適な業者選びができる企業と制作会社のマッチングサービスを利用することも有効でしょう。