CLOSE

サイトリニューアルの目的を明確化して集客につなげよう

自社のサイトを作っても、そのまま放置していたのでは情報も古くなってしまいますし、顧客の興味を引くこともできません。そこで、サイトのリニューアルを行うことが必要になってきます。集客につながるサイトリニューアルをするには、何に気をつければいいのでしょうか。

写真

サイトリニューアルを目的にしない

サイトをリニューアルするときに陥りやすい問題点として、サイトリニューアル自体を目的としてしまう点が指摘されます。つまり、デザインが古くなったからリニューアルしよう、サイトを作って1年経ったからリニューアルしよう、というような消極的な動機で行ってはいけません。

また、デザインだけでなく、構成自体もリニューアルを考えるきっかけになります。公開して数年経ち、サイト全体が建て増しを続けていると、全体の構成がわかりづらくなっていきます。これではユーザが目的のページに辿り着きづらく、ユーザビリティ上でもデメリットです。

このように、経年とともにサイトのリニューアルを考えるケースが多いのですが、リニューアルを行う目的をいま一度冷静に考えてください。なぜなら、サイトをリニューアルして外観や利用方法を変えることは、それまでそのサイトを利用してくださっていた方の利便性を一時的にも下げることになるのです。

リニューアルには、そのようなデメリットを補うような意味がなくてはならないのです。ただ闇雲にサイトのリニューアルを行うのではなく、リニューアルによって顧客の利便性を高めたり、集客につなげたりといった目的を達成することがゴールなのです。

サイトリニューアルの目的を明確化する

サイトのリニューアルで大切なことは、目的を明確にすることです。目的もなくリニューアルしたのでは、ただ単に「前とは違うものにしました」というだけにすぎません。そのようなリニューアルでは、それまでのサイトに馴染んでいた方に「見にくくなった」「使いにくくなった」と思われてしまいます。そのようなことにお金や時間をかけるのは無駄といわざるを得ません。ですから、サイトをリニューアルする際は、目的をはっきりさせる必要があるのです。

サイトを作る上での目的としては、自社のサービスの紹介や他の企業との差別化などがありますが、中でも一番大きな目的は、お問い合わせを増やして集客につなげるというものでしょう。こういった目的をさらに効率的に実現するため、サイトをリニューアルする必要があるのです。何のためにサイトを作ったのか、どういった点を強化したいのか、それを明確化してこそ、サイトをリニューアルする意味があるといえるでしょう。

目的に対する課題を洗い出す

効果的なサイトリニューアルのため、目的を明確化するべく課題を洗い出す必要があります。問題がないのであれば、リニューアルする必要はありません。とはいえ、作ったときには満足のいくサイトだったとしても、使ってみると不便な点が見つかったり、時代にそぐわなくなったりといった問題点が出てくることは少なくありません。その課題を洗い出すことで、効果的なサイトのリニューアルが可能になるのです。

例えば、自社のサービスを紹介したいサイトであれば、新商品が出れば当然サイトを更新しなくてはいけません。その上で、ただ単に新商品を追加していくだけでは、見にくくなったり探しにくくなったりすることもあるでしょう。他社との差別化を図りたいのであれば、他社の動向に合わせてサイトをリニューアルしていかなくては、自社のほうが時代遅れのように思われてしまいます。

特に、お問い合わせを増やして集客につなげたいという目的の場合は、顧客の動向を見据えてサイトの在り方を考える必要があります。現在のサイトへのアクセス数とお問い合わせの数や、それがどれぐらい成約に結びついているか、どのようなキーワードで検索されているか、どのページが一番見られているか、見られていないのはどのページか、どのデバイスからアクセスされているか、といった項目についてデータを集めましょう。

そしてそれらのデータから、スマホからのアクセスが多ければスマホ対応のサイトにリニューアルする、見られていないページに興味を集める工夫をする、検索キーワードに合った商品を目立つように配置するなどの対応を行うと、効果的なサイトのリニューアルが可能になります。

課題に対して何を優先させてリニューアルさせるか

目的に対する課題がはっきりしたら、何を優先させてリニューアルするかを考えましょう。新商品の発売に合わせてその商品をピックアップしたサイトを作りたいのであれば、できるだけ早くサイトを完成させたほうが効果的ですし、長期的な集客を中心に考えるのであれば、多少時間はかかってもしっかり内容を吟味したリニューアルをしたほうが効果的です。

サイトのリニューアルは常時行うものではありませんから、必要に応じて外注することがほとんどのはずですが、その際は予算や納期も合わせてリニューアルを考えましょう。

サイトをリニューアルする際、今まで注文していたところに惰性で発注するだけでは効果的な集客にはつながりません。かといって、多くの制作会社をひとつひとつ調べるのも時間がかかります。そこで、最適な業者選びのために企業と制作会社のマッチングサービスを利用することをおすすめします。