CLOSE

ホームページ作成のためのCMSとは ~目的別おすすめCMS

ホームページの作成には専門知識が必要ですが、誰にでも簡単にホームページを作成したり、修正したりすることが可能なCMSというシステムがあります。このCMSによって、更新時に必要なホームページ制作会社への連絡や、サイト構築で負担となるHTMLやCSSの入力をする必要がなくなります。ここでは、目的別におすすめのCMSをみていきます。

写真

CMSとは

CMSとは「Contents Management System」の略称で、日本語では「コンテンツ管理システム」の意味になるものです。

これはWebサイトを管理したり、更新したりするシステムを言い表します。具体的にいうと、管理画面からテキストや画像を登録することで、簡単にホームページを更新できるシステムです。身近なところだと、ブログもCMSのひとつといえるでしょう。

このシステムの特徴として、Webサーバーにインストールしておくだけで、HTMLやCSSなど、ホームページを作成したり更新したりするために必要な知識がなくても、簡単にホームページの管理ができます。また、システム側で専門知識が必要な部分を補完してくれるため、テキストや画像を入力したり、決まったデザインのページを簡単に作成したり、画像のサイズを変更したりする作業が、普段から使い慣れているWordなどに近いインターフェースで行うことが可能です。

そのため、今までは専門知識が必要だった部分に、不要な手間をかける必要がありません。実は、このシステム自体は決して新しいものではなく、日々膨大なボリュームの情報を更新しなければならないニュース系サイトなどでは、以前から導入されていました。

しかし、このシステムはほとんどが大企業向けの仕様だったため、中小企業にとっては不要な機能が多く、加えて初期費用だけで何百万もするような高額なものばかりであったため、導入が見送られるというケースが多かったのです。ところが近年になり、費用も機能もコンパクトになった、中小企業向けのCMSが登場し、運用が現実的なものとなってきたのです。

CMSのメリット・デメリット

CMSを導入した際に起こり得るメリットやデメリットについてみていきます。

メリット

メリットとしてあげられるのは、WordやExcelを扱える程度のパソコンスキルがあれば、誰でも簡単にホームページの更新ができるようになることでしょう。これにより、更新速度を維持しつつ、低コストでサイトの更新が可能です。
また、これまでは文言などを後から修正したくなった場合に、様々な手間だけでなくコストもかかってしまっていました。その点CMSでは、管理画面の権限を持っている人さえいれば、更新が可能という点もメリットだといえるでしょう。

デメリット

では、デメリットとしてはどのようなものがあげられるのでしょうか。
まず、オープンソースのCMSにおいてセキュリティのぜい弱性が発見されやすいことです。理由として、オープンソースのCMSは基本的に無償で提供されており、ソースコードも公開されているため、サイバー攻撃の標的にされやすくなっているからです。

また、普段運用しているサイトとはまったくデザインの違うキャンペーンサイトなどの運営にも不向きです。CMSはあくまで、コンテンツの一元管理なので、斬新なレイアウトの対応には向いていないといえます。もちろん、CMSでこのようなサイトを制作できない訳ではありませんが、負担が大きくなってしまうため、CMSを導入したメリットが弱くなってしまいます。
キャンペーンサイトなどが必要になった際は、ホームページ制作会社に外注するとコストがおさえられるので、用途によってCMSとの使い分けが必要です。

目的別にCMSの種類を紹介

では、目的別に3種類のCMSについてご紹介していきます。

マルチに対応

・WordPress(ワードプレス)
https://ja.wordpress.org/

世界中で最も利用者が多い、オープンソースのCMSです。デザインのテーマやプラグインが豊富にあり、難しい知識や操作は不要です。「文字の入力」と「画像の貼り付け」の二つだけで、基本的にサイトの更新が可能です。また、情報量も多いので、WordPressを含んだキーワード検索で使用上の疑問点を解決することも可能です。個人ブログから大規模なニュースサイトまでの制作、そのほとんどができるといえます。

ECサイトの構築に

・EC-CUBE(イーシーキューブ)
https://www.ec-cube.net/

国内でNo.1のシェアを誇る、EC構築のCMSです。まず、長所として国内初のオープンソースなので、日本語で情報交換が可能なのが大きな点です。また、EC周りのサービスとの連携を自由に組み合わせ、独自のECサイトを構築できます。「商品管理」や「受注管理」「顧客の管理」や「売上集計」など、企業に必要な様々なものが充実しています。さらに、Webサイトの構築からデザインのカスタマイズまで可能です。したがって、ネットショップを制作するのに向いているCMSといえます。

オンラインマーケティングを一元管理

・Sitecore CMS(サイトコア シーエムエス)
http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/products/software/applications/website/sitecore-cms/

専門知識がなくても簡単にWebサイトの管理や更新を行うことができるWebコンテンツ管理システムです。コンテンツの管理はもちろん、アクセス解析やA/Bテスト解析の他、SEO対策機能も組み込まれています。また、多言語ページの管理機能も装備されており、日本語サイトと海外向けサイトを統一化できるなど、グローバルサイトの構築も可能です。目的の策定から実施、結果の確認・評価までを一元管理でき、常にWebサイトを最適化することができる新世代統合型のCMSです。

簡単にホームページの制作・管理ができるCMSシステムですが、当然ながら長所と短所があります。しかし、目的に沿ったCMSを使用することで、サイト運営に対する負担を大幅に減らせます。また、外注のホームページ制作会社との長所と短所を比較し、用途に応じて併用することでコストの削減も可能です。