アクシスモーション株式会社

東京都、神奈川県、千葉県
アクシスモーション株式会社 LOGO

WEBシステム、iPhone/Androidアプリまで一気通貫で社内で制作だからできるマーケティング支援を致します。

スマホアプリWEBシステムホームページ制作一般企業建築・不動産役所

ご依頼が多い価格帯(万円):
250〜700万円

運営局から:

エッジの効いたアプリ開発で注目を集める、若手中心の制作開発会社です。様々な業界に精通し、効果の出る展開提案を行います。

参考写真

この会社をもっと知る!

会社情報

会社名:アクシスモーション株式会社
本社:東京都新宿区三栄町8 ライトビル2F

■iPhoneアプリ
■Androidアプリ
■WEBシステム

WEBサイト運用 / ECサイト運用 / ECサイト構築 / WEBシステム開発 / WEBシステム運用 / サーバ運用 / スマホアプリ開発


アクシスモーション株式会社
3つの特長

  • システム~デザインまで一気通貫体制

    社内のコーダー、バックエンドの技術者、デザイナーでクライアントワークは一気通貫の体制を整えています。 特に見た目には見えにくいシステム構築やバックエンド重視のアプリケーションなどは社内で全て完結できる強みが活かせると思います。

  • 自社サービスの失敗談も強み

    WEBメディア、SNSアプリケーション、写真共有サービスなど今まで自社サービスでの失敗談もお話できます。効果が薄く、時間とお金だけがかかる機能なども多数経験してきました。。。。そんな、失敗談もお話できるのがアクシスモーションの強みです。

  • マーケティングの側面からの提案

    不動産業界/外資保険業/人材業界/投資会社出身者が技術者に在籍しております。単に技術面のサポート以外にも実現したいマーケティング面からのご相談も可能です。不要な機能や簡単だけど効果がありそうな工夫などもお話できたりします。


インタビュー

取締役 諏訪内尊成さん

写真 

“若さ”と“お客様目線”が大きな武器

私たちはアプリ開発とWeb制作を主に請け負う会社です。アプリとWeb、仕事量の比率はちょうど半々くらい。でもアプリの方がより色濃く自分たちの特色を出せているのでは、と思っています。
まず社員が若いことが、その大きな理由。若い感性は、アプリのクオリティに大きく響いてきます。若いエンジニアは新しい技術に感度が高い。それもそのはず、例えば21歳の社員は、中・高校生の頃からスマートフォンになじんでいる世代なんですから。そんな彼らが出してくるアイディアには「こんな視点があったんだ!」と衝撃を受けるものが多いんです。僕はパソコン世代なので、いつもその違いに驚かされています。

また、若さゆえの思い切った判断が、お客様の利益につながることも。僕から見ると常識だと思うような仕様でも、彼らは不要だと判断したらあっさり「これ、いらないですよね?」と言ってくる。最初はびっくりしましたが、確かに無駄をなくした方が余計な制作費もかからず、結果的にお客様に還元できる。これも若さの大きなメリットだと思います。

一方Web制作では、お客様の業務フローを重視しています。どんなに良いシステムでも、お客様に使いこなす時間がなければ、思い切ってなくした方がスムーズです。お客様が1日のうちどれだけサイトの管理に時間を割けるのか、どのタイミングで管理ページを開くのかを意識することで、本当にお客様が必要とするサイトを提供できると考えています。そのためにはコミュニケーションが大切ですから、常にお客様と一緒に作っている感覚で取り組んでいます。

もっと読む

写真 

異業種の視点がお客様の“軸”を明確にする

弊社の役員は私を入れて4人。元々知人同士なのですが、それぞれITとはまったく違う業界からきています。1人は外資系保険会社社員、もう1人はシェアハウス専門の不動産会社経営、もう1人はオーストラリアの金融会社経営、僕は人材派遣会社の新卒採用コンサルティングをしていました。各業界のエキスパートが集まっているんです。

今から4年前、勤めて1年ちょっとの誕生日(笑)に退職して、翌日には会社を登記。でも登記してから「会社をやったら失業保険がもらえない」ということに気づきまして(笑)その時点でようやく「なにをやろうか」と。初めは自分たちの経歴を生かせる業界に参入しようと考えたのですが、どれも歴史のある業界なので、その中で新しい企業が勝ち残っていくためにはITの技術を取り込むことがベストだと考えました。それでITのことを猛勉強し、僕ともう1人はマーケティングと営業、あとの2人はIT技術者になったんです。

そのような経緯があるので、いろいろな業界の視点を理解しやすいのではと思っています。ITまわりのことだけではなく、経営状況、社員構成など多角的な視点からお客様を理解して、なにを軸とするべきかを的確に判断できる。それが社名の『アクシスモーション』(=軸・体幹)という意味にもつながっていて、『軸を作る会社』というキャッチフレーズが生まれたんです。過去の経験が、お客様にも会社にもプラスになっているのでは、と思っています。

写真 

さらに視野を広げて、新しい時代を見据える

将来的には、IoT(インターネットにパソコン以外の物を接続する技術)を自社開発したいと考えています。ただ、現在はそのためのインフラが整っていませんし、モノもない状態なので、受託ができる段階までは時間がかかりそうです。よく言われるコンタクトレンズをインターネットに接続、などは開発費も相当なものになりますし……。ただ、いろいろな可能性があると思うので、実現に向けてアイディアを煮詰めていこうと思います。

現実的な話をすると、今年は私たち役員の経歴を生かした業務を行おうと考えています。ITとは別部門で不動産業務を始める予定です。Web仲介はもちろんですが、将来的にはプロデュースも考えています。IT企業が不動産をプロデュースすると、いろいろ面白いことができると思うんです。iPodで部屋の設備を起動させたり、iPhoneを鍵の認証に使ったり、とエンドユーザーの利便性を高めるアイディアも実現できればと考えています。

もちろん、今まで通りWeb制作とアプリ開発も続けていきます。弊社は、企画からデザイン、コーディングまですべての行程を手がけているので、お気軽になんでもご相談ください。売り上げを伸ばすとか新卒の人材を集めたいとか、ハッキリした目的があるとやりやすいですが、それが見えていないお客様ともコミュニケーションをとっていくうちに、形づくるべき軸を見つけられると思います。