株式会社クリエイティブネットドア

北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
株式会社クリエイティブネットドア LOGO

制作、集客、解析、改善提案をワンストップで提供するWebコンサルティング力と対応力が強みです。

ホームページ制作保守・運用・更新集客・SEO一般企業役所テーマサイト

ご依頼が多い価格帯(万円):
50〜500万円

運営局から:

「誠実」をコンセプトとし、お客様とのパートナー関係を大事にする会社です。東京支社と札幌本社という形の内部制作体制をしているため、低コスト、スピード対応も実現。WEBプロモーションも企画から携わり、集客面もサポートできます。

参考写真

この会社をもっと知る!

会社情報

会社名:株式会社クリエイティブネットドア
本社:北海道札幌市中央区大通西5丁目11 大五ビル4F
東京支社:東京中央区銀座1-19-12 銀座グラスゲート7F

■目的を達成するためのWebコンサルティング
■制作、集客、解析、改善までをもれなく対応できる社内体制
■CMSを活用した自社更新可能なホームページ制作
■リスティング、SEOなどの枠にとらわれないプロモーションの企画、提案
■Pマークを遵守した業務遂行

WEBサイト運用 / ECサイト運用 / ECサイト構築 / グラフィックデザイン / WEBシステム開発 / WEBシステム運用 / サーバ運用 / 動画撮影・制作・編集 / ライティング / アクセス解析・SEO・SEM


株式会社クリエイティブネットドア
3つの特長

  • 社内対応率90%のサポート体制

    ホームページを成功へ導くために必要な制作、集客、解析、改善のロードマップを全て自社内で対応できる体制を構築しております。それにより、スピード、正確性、信頼と安心を提供し、お客様の「Web事業部」としての役割を担います。

  • お客様が安心してご依頼
    いただける環境作り

    お客様の大切な情報を取り扱うため、弊社はPマークを取得しております。お陰様で大手企業様、広告代理店様のパートナーとしても信頼をいただいております。お客様の大切な情報を守ることも弊社の使命です。

  • 多種多様な実績を強みとした
    コンサルティング力

    これまで様々なクライアント様の問題に取り組んできました。そのノウハウは業種業界が違っても共通する点や活かせる実績が多く、それらを惜しみなくクライアント様へご提供いたします。クライアント様の成功が私たちの願いでもあり、成長につながると考えています。

フォトギャラリー

写真

代表の猪股です。ドアさんじゃなければダメだ。やっぱり、ドアさんだ。助かったよと言う声をたくさん増やしたいです。

写真

社内スタッフのスキル共有、個々のレベルアップを重要視し、ニーズとトレンドに合わせた技術向上に努めています。

写真

本社では、産休・育休後に戻ってきた社員もいます。北海道あったかファミリー応援企業として北海道より認定されています。

写真

日々変わるWebの技術、基準に合わせて社内独自のレギュレーションを定め、担当者に依存せず一定の品質管理を行っております。

写真

お客様とのコミュニケーションを大切にし、北海道本社は札幌近郊、東京支社は1都3県を中心に直接ご訪問しお話を伺います。


実績

  • イメージ

    常盤薬品工業株式会社コスメブランドMAIKOHAN
    http://www.sana.jp/maikohan/

    若い女性へ新しい価値のコスメをブランディング

    若い女性へ舞妓さんのように美しく輝くと言う願いをこめて誕生したコスメ「MIKOHAN」。京都へ本物の舞妓さん取材と撮影。YOSAKOIソーラン祭りに参加した女子大生チーム100人のモニター企画など弊社がすべて担当しました。

  • イメージ

    エンパイアーホームページ制作
    http://www.empire1912.com/

    eネットクリーニングのカート機能搭載で注文アップ

    ホームページのリニューアルにともない、クリーニングの支払いも受け取りもネットで簡単に済ませたい、自宅のそばにエンパイアーが無い、そんな声にお応えする「eネットクリーニング」をオープンしました。サイトデザインと店舗サインを連動したり、集客はリスティング広告を行うなどきめ細かく対応させていただきました。

  • イメージ

    ランディングページ制作実績
    http://www.sana.jp/honeyshca/a\

    集客効果の高いランディングページ多数制作

    クライアント様に大好評だったデザインであるとともに先行他社商品との差別化を考慮したクリエイティブでユーザーの好感も獲得。弊社はランディングページ制作の実績が大変多く、ABテストの経験などから作品別そのノウハウを活かし、ビジュアルストーリーを完成させています。

  • イメージ

    人形の久月ホームページ
    http://www.kyugetsu.com/

    関連サイトの統一した制作と保守で集客対策に貢献

    株式会社久月様は公式サイトをはじめオンラインショップ、人形学院のホームページも弊社で制作をしています。伝統のある久月様のグループサイトのグラフィックの統一はもとより趣のある落ち着いたデザインを一貫しています。情報の更新等の保守もずっと弊社で担当しています。

インタビュー

東京支社 支社長 Webコンサルタント 岡久 篤氏
第1営業室 リーダー Webコンサルタント 田中 公康氏

写真
東京支社 支社長 Webコンサルタント 岡久 篤氏

3つの“C”で、ユーザーとのTouch Pointを最適化する

「お客様とユーザーとの Touch Point(接点)を最適化する」ことにこだわり、WEBサイトのコンサルティング、制作、プロモーション提案を手がける会社です。
2004年に札幌で創業。2007年に東京オフィスを開設しました。札幌ではクリエイティブ主体の事業展開でしたが、東京進出後はコンサルティングやプロモーションなどにも幅を広げています。現在では営業拠点を東京、制作拠点を札幌に分けて、売上構成比の約75%を東京で生み出しています。

私たちの手法は3C、つまりConsulting(コンサルティング)、Creative(クリエイティブ)、Communication(コミュニケーション)をワンストップでお客様に提供するというものです。
コンサルティングでは、Googleアナリティクスが誕生したのとほぼ同時期、10年ほどのキャリアを持つアクセス解析のプロフェッショナルが中心となって、現状を紐解き、深掘りし、解決方法を導き出します。
クリエイティブでは、撮影や特殊なコピーライティングといった部分を除く内制率90%以上の体制を整え、スピーディかつ高品質な仕上がりをお約束します。
コミュニケーションでは、お客様の実情やターゲットに合わせた最適なプロモーション展開を策定し、経験豊富なスタッフが専任で運用サポートをします。

お客様によって、どの手法を望まれているかは様々ですが、結果的にはこの3Cが有機的に連動し、効果を上げていくものです。これらを高いレベルで提供できる私たちチームの実力には、絶対の自信を持っています。

もっと読む

写真
 

エンドユーザー代表の視点を持ち続ける

私たちはお客様を、一緒にゴールに向かって歩む事業パートナーと捉えています。そこで大切にしているのは「ヒューマンな対応」。これはWEB関連会社らしくないかもしれませんが、お客様とのやりとりはメールよりもフェイス・トゥ・フェイスの会話を中心に行うようにしています。
もちろん急を要する連絡ではオンラインでのコミュニケーションを活用しますが、大切な共有事項はお客様の表情を見ながらお互いの熱意を交換したい。こうして出来上がる信頼関係により、成功へのスピードは加速するものと信じているのです。つまりはお客様との「あうんの呼吸」を築くこと。こうして成長してきた会社だと思っています。

しかしそれと同時に、一方では、お客様との適度な距離感も重視しています。私たちが提供しなければならないのは、お客様のオーダー通りのWEBサイトではなく、お客様のゴールを達成するために効果を発揮する WEBサイトです。
それを実現するためには、お客様の意向を汲みつつも、「エンドユーザー代表」としての客観的な立場から厳しい意見を言うことも必要。WEBサイトを利用するのはあくまでエンドユーザーですから、その視点が反映されなければ支持を受けづらくなります。
それも強い信頼関係があってこそできることです。お客様に誠実であり続けるという柱を守り、私たちもお客様とともに成長していきたいのです。

写真
第1営業室 リーダー Webコンサルタント 田中 公康氏

WEBを中心に据えた幅広いプロモーション提案を模索したい

効果的なWEB販促を展開するには、もはや「リスティング広告をやっていればいい」という時代ではなくなりました。プロモーションの手法や技術以上に、「誰に、何を、どう伝えるのか」という戦略に基づいた設計力と、魅力あるコンテンツを企画する力、つまりプロとしての力量が問われています。

このようなトレンドの変化に対応すべく、「企画提案」「クリエイティブ」「SEO施策」という3つの分野で社内に研究プロジェクトチームを立ち上げ、通常業務の傍ら、スタッフ同士で意見交換や勉強会を行い、会社としての底上げを図る努力をしています。
これが奏功したのかはわかりませんが、プロジェクト発足以降はコンペでの勝率が5割と、格段に上昇しています。新しい発想が次々と生まれる業界ですから、私たちも絶えず勉強をし続け、他社との競争力を強化していかなければならないと考えています。

これから私たちが進むべき方向性として、「Touch Pointの最適化」をさらに強化すべく、お客様とエンドユーザーをつなぐための幅広いプロモーション提案が行える会社を目指していきたいと思います。
例えば紙媒体やリアルなイベントなどとの連動といったコンテンツを絡めながら、プロモーションの全体像を描くような展開が考えられます。現在でもこのような動きは増えていますので、ユーザーが求めている流れであることは間違いありません。WEBを中心としたコミュニケーションの企画、制作、プロモーション設計、アクセス解析とトータルで提供できる当社の強みを生かし、「WEB」という枠にとらわれない切り口で提案の幅を広げることが大切だと思っています。

WEB制作会社は、WEBのことだけ考えれば良いという時代ではありません。むしろWEBだけで推し進めようとすれば無理が出てきます。とにかく一番大切なのはお客様を満足させる「結果」ですので、フレキシブルな視点でプロモーションを構築しながら、その中でWEBを有効に使うこと。「お客様のために、WEB会社はここまでできる!」という提案を常に考えていきたいですね。