Crevo 株式会社

東京都、全国
Crevo 株式会社 LOGO

クラウドソーシングを活用した動画制作サービスです。主にアニメーション動画を得意としています。

動画作成一般企業

ご依頼が多い価格帯(万円):
30〜60万円

運営局から:

優秀なディレクターが企画や絵コンテを承り、国内、または海外の動画クリエーターが制作するという完成された体制が高品質な動画を生み出します。また、料金が一律でわかりやすいのも特徴です。

参考写真

この会社をもっと知る!

会社情報

会社名:Crevo 株式会社
本社:東京都渋谷区道玄坂1-19-9 第一暁ビル7階

■サービス紹介動画
■アプリ紹介動画
■会社紹介動画(採用関連動画)
■動画広告(Youtube、Facebook等)
■社内研修用動画

動画撮影・制作・編集


Crevo 株式会社
3つの特長

  • クラウドソーシングを活用し
    高品質な動画を低価格で制作!

    クラウドソーシングの仕組みを活用し、クライアント様とクリエイターを直接マッチングすることで、不要な中間マージンを排除しているほか、一部の工程のみ海外の方へ依頼するなどして高品質を維持したままトータルコストを削減しています。

  • 動画制作が初めてでも
    安心のサポート体制!

    プロのディレクターが動画制作の肝となる企画・絵コンテ制作の全てを承ります。また、クリエイターとクライアント様の単純なマッチングだけで終わらせず、Crevoの社内スタッフがプロセスとクリエイティブ品質の管理をサポートすることで納品物のクオリティを保証しています。

  • シンプルで透明性が高い
    一律料金プラン!

    個別見積もりが当たり前の映像制作業界において、80秒以内であれば完全一律料金という透明性の高い価格体系でサービスを提供しています。もちろん追加費用は一切なし。
    見積りを取ったらサイトに掲載されていた金額と違うということがないので安心してご依頼いただけます。

フォトギャラリー

写真

Crevo株式会社代表取締役の柴田憲佑です。あらゆるものを動画化し、動画活用の裾野を拡げることをビジョンに掲げ日々活動しています。よろしくお願いいたします。

写真

社内風景です。個々人が能力を最大限発揮できるよう、社内環境には特に気を配っています。

写真

当社名物のクリエイターズウォールです。Crevo登録クリエイターの方々に描いていただいています。

写真

今後とも、よりよいサービスを提供できるよう日々精進してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。


実績

  • イメージ

    「NESPA」(株式会社 NESPA JAPAN)
    https://crevo.jp/works/2482

    店頭デジタルサイネージでサービスの興味喚起に大きく貢献。

    コアターゲットの主婦層が自己投影するようなシーン構成にしました。また今回イラストも同時に担当したため、楽しくお買い物が出来るイメージを出すために色使いも意識しました。さらに「ネスパンダ」というキャラクターをつくり、ナビゲーション役にすることで楽しくキャッチーな動画に仕上げています。

  • イメージ

    「Coiney」(コイニー株式会社)
    https://crevo.jp/works/1744

    Trueview広告でサービスの認知・理解度UPに大きく貢献。

    「Coineyでかんたんカード決済をはじめよう」をコンセプトに置きました。お店とお客様をつなぐ新しいデバイスだからこそ、手描きのトーンで生活に寄り添うイメージを追求しました。ミニマルでシームレスな表現でCoineyのスマートでスムーズなシステムを表現しました。

  • イメージ

    「Hulu」(HJホールディングス)
    https://crevo.jp/works/1743

    テレビCMでサービスの認知度UPに大きく貢献。

    クラウドソーシングで制作された日本初のテレビCMです。「HuluでHappy!」をコンセプトに、Huluを使うことで生活のあらゆるシーンがハッピーになることをアニメーションで表現しました。テレビCMに登場するキャラクターの表情にもこだわりながら、テレビCMを見ている視聴者の方までもがハッピーになってしまいそうなテレビCMを制作しました。

  • イメージ

    「楽天キレイ℃ナビ」(楽天株式会社)
    https://crevo.jp/works/2649

    ホルモンバランスの啓蒙を通じてサービスの興味喚起に貢献。

    基礎体温管理アプリ「楽天キレイ℃ナビ」のアプリ紹介動画です。ホルモンバランスについて、またそのバランスの均衡がどのように体に影響するかをわかりやすく、視覚的にするためにキャラクターの表情とホルモンバランスの動きを一枚の画面で表現する方法をとりました。今回の動画でキレイ℃ナビをしってもらうのはもちろんホルモンバランスを知るきっかけの動画になればよいと思っています。


インタビュー

Process Manager(プロセスマネージャー) 本多 幸子さん

写真
 

世界77カ国1800人のクリエイターを抱えるフレキシブルな映像制作会社

弊社は映像制作を専門とする会社ですが、制作会社というよりもアウトソーシングのような業務形態が特徴です。世界77カ国、1800人以上のクリエイターが所属しており、お客様のご要望に合わせて複数のクリエイターをご提案させていただきます。映像を作るクリエイターはグローバルですが、プロジェクト全体を管理するプロセスマネージャー、クオリティを管理するディレクターは日本人なので、お客様は、英語力や文化の違いなどを気にせずご依頼いただけます。

そもそも海外クリエイターを主とした業務を始めたのは、代表が海外留学をしたことがきっかけだったそうです。国籍や文化の違う人たちが平等にディスカッションする様子を見て、その多様性に大きな可能性を感じたといいます。実際、77カ国から人材が集まると、文化も常識もそれぞれ違うので、クリエイターとのすり合わせは大変です。同じ条件で発注しても、アジアのデザイナーはなぜかくすんだ色味だったり、南米は目がキンキンするような配色が多かったり(笑)。お客様のご要望に沿うものに近づけるまでに、こちらも難儀する場合が多々あります。ですがその分、幅広いテイストの制作物を提供できていると思います。また、国によっては人件費が抑えられる場合もあり、高クオリティのものを低コストで作れるというメリットもあります。

弊社が主に得意とするジャンルは、WEB系企業のサービス紹介です。形のないサービスを分かりやすくエンドユーザーにご紹介する場合、動画は非常に伝わりやすいツールだと思います。また、弊社は実写よりもアニメーションを得意としており、所属クリエイターもほとんどがイラストレーターとアニメーターです。カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルで賞を取った者や、テレビ局で動画制作をしている者など、さまざまな才能を持ったクリエイターが所属しているので、制作物のクオリティには自信があります。

もっと読む

写真
 

自由で開放的な空気の中から生まれる、多種多様なクリエイティビティ

私自身は、入社前はクリエイティブに関わるお仕事ではありませんでした。今の環境はとても新鮮で、毎日が新しい発見です。このお仕事で一番おもしろいと感じるのは、「ひとつとして同じものができない」ということです。たとえば同じクリエイターを選んでも違うものが仕上がってくることに、毎回驚きと感動があります。また、海外にいて対面したことのない仲間たちと、国境を越えて時間を共有し、ひとつの物を作れる喜びは格別です。

作業フロアの壁に、いろいろなタッチで描かれたたくさんのイラストがあるのを、ご覧になりましたか? あれは「クリエイターズウォール」といって、来社したイラストレーターが描いたものです。2015年3月末の社屋移転時から集めはじめて、日々増殖(笑)しています。まだ国内のイラストレーターのみですが、そのうち海外のクリエイターにも参加してもらおうと思っております。

このようにオフィスには始終さまざまなクリエイターが行き来しています。もちろん打ち合わせで来社するクリエイターもおりますが、オフィス内のフリースペースで、自分の作業をするために来るクリエイターもいるのです。社内をさまざまなクリエイターが自由に出入りできる環境にしたことで、いろいろな文化を持った方と、開放的な雰囲気の中でお仕事ができていることを意識させられ、幸せとやりがいを感じています。

写真
 

映像業界の常識を塗り替えるクリエイティブ レボリューション

社名のCrevo(クレボ)は、「クリエイティブ レボリューション」の略です。映像業界は歴史がある分、古くからある習慣や常識にとらわれている部分もあるかと思います。お客様が高額な制作費を支払っているにも関わらず、クリエイターにはあまり利益がない、といったような事例も聞いております。弊社はそういった業界の常識を見直して、新たなビジネスモデルを作ろうとしています。作業プロセスを整理することで、無理なくコストパフォーマンスの高い動画を作ることを目指しています。海外クリエイターとのコラボも、その一環でもあるのです。

また、発注から納品までひとつのシステムの中で完結できるという、画期的な制作支援システムも開発しました。絵コンテ、グラフィックをシステム上で確認でき、自由に書き込みができます。動画でも同様のシステムがあり、お客様が動画の動きを止めて、コンマ1秒単位で修正指示を出していただけます。加えて、プロセスマネージャーやディレクターとシステム内のチャットでいつでもやりとりができます。たとえば、イラストに対して「ここをこう直してほしい」というのは、電話やメールでは伝わりづらいですよね。このシステムを使えば、グラフィック上に直接修正案を書き込みできるので、お客様とクリエイターのイメージによるズレを極力少なくできます。

このシステムを導入することで、ますます低コストで高クオリティの動画制作が可能となりました。クリエイターが制作をしやすくなったのはもちろん、お客様の満足度も確実に上がるのではと思います。ご依頼も発注も以前より格段に楽になりますので、いままで業者とのやりとりに手間を感じられていたお客様は、ぜひご利用いただきたいと思います。私たちの言うレボリューションとは、業界全体の革命なのです。今後は、「作ったあとにどうするか」というソリューションの提供もしていきたいと考えています。このあたりはまだ発表できないのですが、弊社なりのレボリューションはこれからも続いていくので、楽しみにしていてください。