株式会社モノトライブ

全国(※状況により対応出来かねる事もあります)
株式会社モノトライブ LOGO

とことん話し合い、他にはない「ひらめき」でワクワクする企画とデザインを提供する会社です。

ホームページ制作保守・運用・更新ブランディング一般企業学校専門店・量販店

ご依頼が多い価格帯(万円):
100〜800万円

運営局から:

発注企業のポテンシャルを引き出す、高いヒアリング力と提案力、さらに高いクリエイティブ能力を併せ持つ、いま注目の制作会社です。

参考写真

この会社をもっと知る!

会社情報

会社名:株式会社モノトライブ
本社:東京都中央区八丁堀3丁目11-12 Floor and Walls Hacchobori 6F

■ヒアリング力
■企画提案力
■表現力(デザイン)

WEBサイト運用 / ECサイト運用 / ECサイト構築 / グラフィックデザイン / WEBシステム開発 / WEBシステム運用 / サーバ運用 / スマホアプリ開発


株式会社モノトライブ
3つの特長

  • リピート率90%以上の理由は

    「良き相談相手で有ること」
    それがリピート率90%以上を超えるご相談を頂ける理由だと考えています。徹底的にクライアントの話を聴き、理解する事で1つ1つ課題を解決に導き、一緒に歩んでいく事で自然と次の課題のご相談を頂けるようになってきました。長いお付き合いの中でクリエイティブな観点からの企業全体へのアドバイスやアートディレクションも担当しています

  • 企画もデザインも全てがワンオフ

    モノトライブにはテンプレートという考え方はありません。例え、コンペであったとしてもすぐにリリースできるレベルまで創り込んだ企画とデザインでご提案致します。
    また、ヒアリングの際にお聴きする課題に対して、弊社はその場のイマジネーションでまずアイディアをたくさんお話します。そのアイディアをベースにより具体的なクリエイティブをプレゼンテーションしていきます。

  • 表現領域の広さ

    モノトライブはWebデザインをメインとしていますが
    ・ロゴデザイン(コーポレート、ブランド)
    ・グラフィックデザイン(パンフレット、ポスター)
    ・展示会ブースデザイン
    ・カーラッピング、手ぬぐい、ダンボール加工などなど
    「全方位型のモノづくり」でクライアントの課題解決の為、常に新しい領域の表現方法に挑戦しています。

フォトギャラリー

写真

こんなメンバーでモノづくりしています。

写真

日頃の感謝を込めて、毎年手ぬぐいを作っています。
お客様の汗を少しでも拭えたら幸いです

写真

自分達の企画力を試す意味も込めて、毎年一風変わった年賀状を制作。
お米の年賀状、AR絵本の年賀状、3Dメガネの年賀状・・・さて来年は?

写真

パーティーというガラではないので、夏の終わりにお客様をお招きして「縁日」を開催。


実績

  • イメージ

    くりや株式会社コーポレートサイト
    http://www.kuriya.co.jp/

    温故知新。歴史を重んじ、現在に最適化したコーポレートブランディング

    180年以上の歴史を持つ老舗米屋である、くりや株式会社様のコーポレート。創業者の想いと現社長の想いをカタチにしたCIを軸にくりや様の強みを全面に出したサイトを制作

  • イメージ

    ニコニコ超ウォーク
    http://walk.chokaigi.jp/

    ネット来場者250万人増!!

    ドワンゴ様主催の超大型イベントニコニコ超会議を360°パノラマ写真を使ってネットに幕張メッセまるごと再現するという企画を立案しご提案。まるでその場にいるかの様な臨場感を演出。企画演出・プロデュース、デザイン制作を担当。

  • イメージ

    GLACIELブランドサイト
    http://www.glaciel.jp/

    アバンギャルドな構図でケーキの本質を表現。

    アントルメグラッセ・生グラス専門店「GLACIEL」のオフィシャルサイト。
    パティシエ江森氏の創りだすケーキの魅力を最大限に引き出す様考慮し、ケーキ=食品という既成概念に囚われないアバンギャルドなデザインを提案。

  • イメージ

    aquad
    http://www.aquad.jp/

    サービスの特徴と強みをわかりやすく絵としてサイトの世界観をデザイン

    水のトータルアドバイザーアクアライン様の新ブランド「aquad」のブランドサイト制作、アートディレクションを担当。
    雨が地層を通って濾過され、ミネラルウォーターになるまでをサイト全体で表現し、ペットボトル広告・こだわりのミネラルウォーターという2つの強みを直感的なデザインで表現


インタビュー

代表/プロデューサー 阿部悌久さん

写真 

「枠」にはまらない考え方が強み

弊社はデザイン会社です。なにもサイトだけをデザインするわけではありません。「Web」「モノ」「空間」「コミュニケーション」、これらすべてをデザインするというのが私たちの仕事です。別の言い方をすると「想いをカタチにする会社」であり、本質をカタチにするモノづくりに重点を置いています。
社名の『モノトライブ』の「モノ」も「モノづくり」から来ているんですよ。クライアントからヒアリングをしてモノづくりをしていくと「ホームページ」という「枠」に収まることは実はすごく少なくて、いろいろ課題を聞いていくとロゴ、会社案内、名刺から始まり、新社屋のドアサインや営業車のラッピングという普通ならWeb制作会社にはこないようなオーダーも来たりするんですよね。

スタッフはWebデザイナー・エンジニアという側面だけでなく、元々マンガ家志望で絵が得意なスタッフや、高校時代にロボット部にいてプロダクトを作る事自体が得意なスタッフなど、それぞれが他にはない特性を持っているんです。

Webサイトにはたくさん写真を使いますよね? でも自社で写真を持っていない企業様は結構多くて、そんな企業様にも写真の代替でイラストを書いたり、モノを作って実際に撮影してイメージを創れたりするので、大変よろこんでいただいています。

お客様とのやりとりで意識しているのは、最初のヒアリングで案件を持ち帰らないと言う事です。打合せのその場で鮮度の良い「課題」に対してアイディアを膨らませていき、本当に求めているものや、お客様が想像できていなかった隠れた課題なども含めて確認をし、次回のお打合せまでにそれを具体的なカタチにしてプレゼンテーションするようにしています。「分からないこと」が分からないというお客様は非常に多いので、少しでもその助けになればと思っています。

もっと読む

写真 

経験と人との出会いが人生を作る

10代後半はアルバイトで、就職してからもとにかくいろいろな仕事を自分から積極的に経験するようにしていました。なんとなくいつかは起業したいという目標を持っていたので、その時の自分に今できる事を取りこぼさないように貪欲に吸収しようという想いは強かったですね。例えば、社長の考え方に引かれて入ったファーストフードのアルバイトだったり、教育制度のレベルが非常に高いアパレルなんかもそうでしたし、最初に就職した会社での転職先選びは、今の仕事に繋がる「これからはパソコンだ」という想いからでした。今思うと非常に漠然としていましたけどね(笑)。

とにかく人に恵まれていると思っています。いろいろな会社にお世話になりましたが、それぞれの会社に「恩師」と思える上司なり先輩なりが必ずいた事は本当に大きいですね。その当時散々叱られた事も、今やっと分かるようになってきました。
直接ではないかもしれませんが、関わって下さった方々に何かのカタチでこれから恩返ししていきたいですね。成長した姿を見せるのが一番だと思うので、まだまだ頑張らなければいけないですね。

写真 

進化するモノづくりのこれから

デザイン会社として、奥行きのあるデザインに挑戦してみたいと思っています。きっかけは去年展示会のブースをプロデュースさせてもらった事。実際の店舗のような「空間」を創る事は実はすごくWebに似ているという風に感じたんです。この両方を勉強する事でもっと相乗効果で面白いモノづくりができるようになっていく気がします。

ご依頼いただく場合は、もちろんどんなご相談もお受けするつもりです。相談や課題に大きいも小さいもないですし、基本不可能なものはないという信念のもと、今までも弊社からお断りした事は基本ありません。どんな課題であっても予算内で最高のパフォーマンスを出す方法を考える事はできると思っています。

初めてのお客様やITの知識のないお客様でも、何でもご相談いただきたいです。アイディアはあるし、想いも強い。でもどうしていいかわからない。そういう風に思った事がある方はぜひ一度お話させてください。小さいかもしれませんが、何かきっかけを見つけられるかもしれません。いろいろな案件に携わることで私たちも成長できるので、新たなお客様に出会えるのをとても楽しみにしています。